【WWE】6月の日本公演にアスカとブライアン参戦

2018年05月17日 18時01分

アスカは王者としての凱旋を狙う(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 WWEジャパンは17日、日本公演「WWE Live Japan」(6月29日、30日=両国国技館)の来日メンバーを追加発表した。祭典レッスルマニア34でシャーロット・フレアー(32)のスマックダウン(SD)女子王座に挑むも惜敗した後、SDに移籍した女帝アスカ(36=華名)の出場が決まった。

 アスカはPPV大会「マネー・イン・ザ・バンク(MITB)」(6月17日、イリノイ州シカゴ)でSD王者のカーメラ(30)挑戦。王者として凱旋帰国を果たせるか、注目が集まる。

 また2年ぶりに現役復帰した「イエス!男」ダニエル・ブライアン(36)の約5年ぶり来日が決定。国技館に「イエス! イエス!」の大合唱が響きそうだ。また伊達男ザ・ミズ(37)の参戦も決定。すでに中邑真輔(38)、WWE王者AJスタイルズ(40)らの来日は発表済み。上半期の大一番MITB戦直後とあって、日本公演はここ数年にない盛り上がりを見せそうだ。