【WWE】中邑が王者AJと4度目の激突

2018年05月16日 16時30分

前回は中邑(上)がイスでAJを殴打。4度目の王座戦はどうなる(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【ニューヨーク14日(日本時間15日)発】WWEは上半期の大一番「マネー・イン・ザ・バンク(MITB)」(6月17日=同18日、イリノイ州シカゴ)で、中邑真輔(38)がWWE王者AJスタイルズ(40)に挑戦することを発表した。両者の王座戦は4度目、中邑は通算9度目の挑戦となる。

 中邑は祭典「レッスルマニア34」で“黒いロックスター”に大変身を遂げて以来、AJに執拗な急所攻撃を仕掛け続けている。「バックラッシュ」(6日)ではノーDQ戦(反則裁定なし)で激突するも、同時急所打ちによる両者KOに終わった。早期完全決着が望まれるだけに、採用ルールが注目される。ラストマンスタンディングマッチ、担架マッチなど過酷な試合形式も十分あり得る状況だ。

 またこの日、現地で行われたイベントで“最強女王”元UFC世界女子バンタム級王者のロンダ・ラウジー(31)が、ロウ女子王者のナイア・ジャックス(33)に挑戦することも決定。王者から指名されたロンダ様は、祭典のデビュー戦からわずか2戦目で戴冠の期待も膨らんできた。