【WWE】ベイラーがゼインKO! MITB出場権を強奪

2018年05月09日 16時30分

ベイラー(上)はゼインを圧殺(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【ニューヨーク州ユニオンデール7日(日本時間8日)発】WWEのロウ大会が開催され、上半期の大一番となるPPV大会「マネー・イン・ザ・バンク(MITB)」(6月17日、イリノイ州シカゴ)へ向けて過酷な戦いが始まった。

 MITBラダー戦は天井からつるされた「いつでもどこでも王座に挑戦できる権利証」が入ったブリーフケースを複数選手(今年は8選手)で争奪する過酷なWWE名物マッチ。この日は男女合わせて3人がいち早く出場権を獲得した。一番乗りは“巨獣”ブラウン・ストローマン(34)。決定戦でケビン・オーエンズ(34)をランニングショルダータックル3連発で粉砕し、あっさりと出場を決めた。

 メインではローマン・レインズ(32)、フィン・ベイラー(36)、サミ・ゼイン(33)が3WAY戦で激突。MITB戦出場を熱望する“インドの怪人”ジンダー・マハル(31)が乱入してレインズの足を引っ張る波乱も起きたが、その間にベイラーがクー・デ・グラ(ダイビングフットスタンプ)でゼインをKOし、出場権を強奪した。

 女子ではエンバー・ムーン(29)が、サーシャ・バンクス(26)、ルビー・ライオット(27)との3WAY戦を制し出場権をゲット。本戦まであと1か月強。残りの枠をめぐり出場権争いが一気に激化しそうだ。