• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > 女子プロレス > 【女子プロレス大運動会】大成功の裏でスターダム・ロッシー小川社長vs長与が遺恨場外戦

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【女子プロレス大運動会】大成功の裏でスターダム・ロッシー小川社長vs長与が遺恨場外戦


小川社長(左)につかみかかる長与

 イベントを企画したセンダイガールズをはじめ、スターダムやマーベラスなど6団体に加え、フリー勢ら合計55人の現役選手が参加した、初開催の「女子プロレス大運動会」(14日、神奈川・とどろきアリーナ)の舞台裏で、カリスマ・長与千種(53=マーベラス)と業界の盟主「スターダム」の間にひと悶着あった。

 先に会場入りした長与は横浜大会を終えて到着したスターダムのロッシー小川社長(60)の姿を見つけるや、つかつかと歩み寄る。そして襟首をつかみ「おい、ロッシー! だから言ったじゃねえか。千種は3年間爆破マッチをやって、一度もやけどしたことないんだぞ」と声を荒らげた。

 スターダムでは1日の名古屋大会で初の電流爆破戦を開催し、エース・紫雷イオ(27)の出場が話題になった。だが、かねてイオに爆破戦参戦を呼び掛け、断られた経緯がある長与は不快感を示していた。

 特に問題視したのは、イオが両太ももに大やけどを負ったこと。14日の横浜大会から試合出場しているが、何重にもテープを巻いて戦う姿は痛々しかった。長与からすれば「イオは痛さしか分からなかったと思うけど、私とやれば楽しさを伝えられた」という無念の思いがあるのだ。

 だが小川氏が「自前でやったことに意義があるんだし、他団体ではやらない。それに…あれはやるもんじゃないな。二度ととは言わないけど、当面はやらない」と撤退を伝えると、この言葉がさらに長与に火をつけた。

「もうやらないじゃないよ! 1回やってダメなら、2回目でちゃんとやり直さなきゃダメだ」と再びつかみかかり、彩羽匠(25)が引き離すのに必死だった。長与は新たな女子の電流爆破イベントを立ち上げる方針で、再びスターダム勢にオファーするのは確実。女子爆破をめぐる攻防はまだまだ続きそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【向日町GⅢ平安賞】藤木裕 涙の地元記念初優勝
藤木裕が2013年4月武雄記念以来3回目のGⅢ優勝で、地元記念初制覇を飾った!

【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!