• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > 女子プロレス > 【センダイガールズ】里村 来年のテーマは「国内鎖国」と「シングル奪還」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【センダイガールズ】里村 来年のテーマは「国内鎖国」と「シングル奪還」


里村は笑顔でワールド王座奪還を誓った

 女子プロレス界の横綱・里村明衣子(37)が10日、2018年のテーマを「国内鎖国」と「シングル奪還」に絞り込んだ。

 17日のセンダイガールズ東京・後楽園ホール大会で、里村はアジャ・コング(47)との最強コンビでワールド王者の橋本千紘(25)、浜田文子(36)組と激突する。初代王者の里村は昨年10月、橋本に敗れ王座転落。9月の挑戦も失敗に終わり、1年以上も王座から遠ざかっている。

「今回の狙いは一つしかない。橋本から取って挑戦につなげる。今の私はベルトを奪うことしか考えていない。新時代が台頭してますが、後輩には何も継承するつもりはない。それぞれが自分の色を出し、仙女という看板を継続させればいい」

 女子プロ界はユニットやグループの増加で、再び興行乱立の時期を迎えた。「地方から世界へ」をテーマに発展してきた仙女も過度期に入りつつある。そこで「団体だけでできる人数(7選手)が揃った。ボーダーレスになっている今だからこそ、仙女は独走します」と断言。独自のカラーを強調するため他団体との交流を絶ち“国内鎖国”に入るという。ただし視野が狭くならないよう海外遠征は積極的に行う方針。10日には単身、英国遠征に旅立った。

 17日には初のエッセー集が刊行される。働く30代、40代の女性に向けられた内容で「頑張っても報われない時、どう立ち向かうか。その心を込めました。成功話は一つもないです…」と22年間のレスラー生活で経験した経営難、失職、低迷期、震災、恋愛、借金などについて初めて赤裸々につづった。「来年が団体にとっても個人にとっても勝負になる」。4月には東京でビッグマッチも浮上。もちろん大舞台のメーンには自分が立つ決意だ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!