• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > 女子プロレス > 豊田真奈美が50人掛け引退マッチ 自身の“必殺技”に散る

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊田真奈美が50人掛け引退マッチ 自身の“必殺技”に散る


断髪式を行った豊田

“飛翔天女”こと豊田真奈美(46)が3日、自身のデビュー30周年興行(横浜・大さん橋ホール)で引退試合を行った。

 この日、豊田は51試合に出場。第1試合で尾崎魔弓(49)率いる正危軍と3分1本勝負を戦いリングアウト負けを喫すると、ここから47試合1分1本勝負で男子レスラーも含めた相手と戦った。

 最後の相手を務めたのは後継者に指名しているアイスリボンの藤本つかさ(34)。時間無制限1本勝負で行われ、7分6秒、必殺のジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス・ホールドで沈めて有終の美…かに思われたが、豊田の「もう1試合!」の声で試合再開。これも豊田がジャパニーズ・オーシャン・クインビーボムで勝利したが、さらにもう1試合行われ、最後は自ら藤本に伝授したジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス・ホールドに散った。

 豊田は試合後リング上で代名詞の長髪をバッサリ短くする断髪式を行い、病気などで髪の毛を失った子供にウイッグを提供している団体に寄付すると「30年ありがとうございました!」と手を振り、笑顔でリングを後にした。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
兵庫ジュニアグランプリ(11月21日、園田競馬場)

12・1予選開幕パチンコ・パチスロゲーム大会で「優勝賞金100万円を手に入れろ」

“初代チャンピオン”を目指そう!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

優勝はgdjこと博報堂の後藤さん

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース下関「SGチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!