• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > 女子プロレス > 【スターダム】イオ、カイリから新世代3人娘の新章突入

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【スターダム】イオ、カイリから新世代3人娘の新章突入


スターダムの「新世代3人娘」。左から渋沢、美邑、叫女

 女子プロレス界で最大の人気を誇る「スターダム」で“世代交代”が進んでいる。ここ2年の間、中心選手として団体を支えた紫雷イオ(27)、宝城カイリ(28=現WWEのカイリ・セイン)、岩谷麻優(24)の「3人娘」時代から、新たなステージに突入。「新世代3人娘」として期待されるのが“不屈のプリンセス”こと美邑弘海(31)、密林女・ジャングル叫女(26)、そして“ニューヒロイン”こと渋沢四季(27)のトリオだ。

【不屈のプリンセス・美邑弘海】5月にスターダムを退団してWWEに移籍したカイリの“後継者”として期待を集めるのが美邑だ。身長は148センチと小柄ながら、155センチの体で世界に羽ばたいたカイリをほうふつとさせるものがある。

「カイリさんには折れない心、諦めない心の面ですごい影響を受けた。努力の人だなと。私は私でこれまでのスターダムにいなかった唯一無二の存在になりたいと思っています。例えば(新日本プロレスの棚橋弘至のように)『愛してま~す!』と言えるような選手がスターダムにいない。私は一緒にお客さんを巻き込んでいきたいです」

 プロレス入りするまでは役者として活動していた。東放学園高等専修学校在学中に演劇集団「チームトリプルY」を立ち上げ、舞台、映像作品に多数出演した。転機が訪れたのは4年前。初めて見たスターダムの試合で心を動かされた。

 入団後は苦難の連続だった。2度の鎖骨骨折と手術を経て、ようやく2015年10月にデビュー。カイリとの「カイヒロ海賊団」で才能を開花させ、今年5月6日にはカイリ、小波(21)とのトリオで6人タッグのアーティスト王座を獲得。カイリの最後のパートナーを務めた。

 これまでシングルはハイスピード王座に2度挑戦したが、いずれも惜敗。それでも「カイリさんがいなくなったからというより、自分の中でスタイルを見つけつつあるのでチャンスだと思っています。正直、ハイスピードは巻きたい。白(ワンダー王座)や赤(ワールド王座)とかは今は言えないけど、時が来たら」と美邑。17年後半は一気に上位勢に飛び出しそうだ。

☆みむら・ひろみ=本名非公表。1986年6月24日生まれ、埼玉・川口市出身。女優として活躍後、15年10月11日の後楽園大会(対クリス・ウルフ戦)でデビュー。今年5月6日にアーティスト王座を初戴冠。148センチ、48キロ。必殺技はエンドレスワルツ。

【密林女・ジャングル叫女】叫女は自ら「ジャングルってる女」と称する。学生時代は13年間、陸上競技(投てき、ハンマー投げ)で活躍。中京女子(現至学館)大学卒業後は青年海外協力隊の体育教師として2年間、アフリカのセネガルに派遣された。

 過酷な環境下での経験が、密林パワーを生み出す原点になった。帰国後にスターダムに入門すると、パワーファイターとして期待された。今年2月23日には当時、カイリが持っていたワンダー王座に初挑戦。敗れはしたがこの試合が転機になった。直後の3月5日、地元・名古屋での凱旋試合では当時の王者・美闘陽子(30)、カイリ組を撃破。多くの友人たちが見守る前でタッグのゴッデス王座を初戴冠した(パートナーは松本浩代)。

 それでも「シングルのベルトが1本も巻けていないので、年内には巻かなきゃ。いままで抑えていた部分があると思うんですよ。これからはみんなにかみつきたいし思ったことを口に出して行動に移したい」と現状には満足しておらず、さらなる向上を目指す。

 スターダムマットは長らくワールド王者として君臨したイオが王座から陥落して、カイリも退団。岩谷がワールド王座とワンダー王座の2冠王者として君臨しているが、どの選手にもチャンスはある。

「カイリさんと同じ存在にはなれないし、引き継ぐとか言ってる時点でスターダムでは上にいけない。カイリさんとは今でも連絡を取っているので活躍は祈りつつ、私は私で挑戦していかないと」。まずは年内のシングル王座奪取へ向かう。

☆じゃんぐる・きょうな(本名非公表)=1991年4月1日生まれ、愛知・名古屋市出身。15年11月15日の後楽園大会(対渡辺桃戦)でデビュー。今年3月5日にゴッデス王座、6月17日にアーティスト王座を獲得。156センチ、62キロ。必殺技はハンマースロー式パワーボム。

【ニューヒロイン・渋沢四季】ピンクのコスチュームにヒラヒラのミニスカート。アイドル路線のド真ん中を進むのが渋沢だ。7月にデビューしてからわずか2か月で、ファンの支持が急上昇。「この子は人気が出る」と踏んでいた商売の鬼・ロッシー小川社長(60)の目は確かだった。

「まだ思い通りにはきていません。デビュー戦の時もやってきたことを出せなかったですし。今は先輩にドロップキックをほめていただくことが多いので、武器にできるように磨いています」と渋沢は控えめに語った。

 小学生の時に初めて全日本女子プロレスを見てたちまちプロレスのとりこになった。憧れの選手は当時、ビジュアル系レスラーとして人気を集めた納見佳容(41=引退)。中学校に入ると、姉のグラビアアイドル渋沢一葉(28)がJDスターの格闘美クイーンを務めていた関係で、毎週のように風香(現スターダムGM)の応援に会場を訪れた。

 プロレスラーになりたいという希望を持ちながらも、イベントコンパニオンや芸能マネジャーを経て、昨年5月31日の26歳の誕生日に一念発起してプロ入りを決意。1年間、練習生として修行を積み、何とかデビューにこぎつけた。

 目指すレスラーはやはり納見。女子レスラーによるアイドルグループとして人気を呼んだ「キッスの世界」で活躍した姿が忘れられないという。当時買ったCDは今でも宝物だ。「スターダムでもカイリさんたちが歌っていたのを見て、楽しそうだった。私もやってみたいし、キッスの世界のような活動をしたい」。華やかなリングで歌って踊り、そして感情移入できるレスラー。そんな姿を目標に日々、戦い続けている。

☆しぶさわ・しき(本名非公表)=1990年5月31日生まれ、北海道出身。芸能マネジャーなどを経験し、昨夏に入門。1年間の練習生期間を経て7月16日の後楽園大会(対刀羅ナツコ戦)でデビュー。姉はグラビアアイドルの渋沢一葉。161センチ、52キロ。必殺技はドロップキック。

◇小川社長「キャリア積めば面白い存在に」=スターダムの小川社長は3選手について「もっと個性を伸ばして活躍してほしい。まだ2年もやっていないので、キャリアを積めば面白い存在になる。最近の美邑は覚醒してきた。叫女はもうひと皮むけてほしい。四季はまだまだ」と評した。また大阪では月1回ペースでの開催が定着し、昨年から2年連続でエディオンアリーナ大阪第2競技場大会を成功させている。同社長は「大阪に独自のファンができているので、これからも毎月行きます。来年は2~3回、エディオンアリーナ大阪第2競技場でやりたい」と、西の新たな拠点として力を入れていく方針だ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!