• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > 女子プロレス > 【超花火】爆女王トーナメント開催延期 工藤めぐみEPは長与を女王と“認定”


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【超花火】爆女王トーナメント開催延期 工藤めぐみEPは長与を女王と“認定”


大仁田(右)との死闘を終え、爆女王ベルトを手にする長与(中)。左は工藤めぐみEP

 超花火プロレスの工藤めぐみエクスプロージョンプリンセス(EP=47)が25日、「爆女王トーナメント」の開催延期を発表した。

 13日の神戸大会では新設される女子の電流爆破王座「爆女王」の初代王者を決めるトーナメントの開催が発表され、1回戦は26日の富山・高岡テクノドーム大会で行われる予定だった。だが、13日の神戸大会で大仁田厚(59)に敗れた長与千種(52)が試合後に初代王者に就くことを表明したため、超花火プロレス実行委員会で協議が重ねられていた。

 工藤EPは声明の中で「『爆女王トーナメント』ですが一度、延期とさせていただきます。私の構想で、長与さんらレジェンドと、例えるなら彩羽(匠)選手のようなニュージェネレーション世代を交ぜた女子プロレスラーたちにより『ナンバーワン』を決めたいと思っておりました。ただ大仁田厚さんとの死闘を見て、長与さんのベルト姿に納得しました」とコメント。

 長与を「初代王者」か「暫定王者」にするかは引き続き検討中としたうえで「私の権限で申し訳ありませんが、長与千種選手が『爆女王』です。『爆女王トーナメント』が長与選手への挑戦者決定となるのか、また、長与選手の性格を考えると『高みの見物は嫌』とも言われかねませんので、いま一度熟考し、皆様へ発表させていただきたいと思います」と続けた。

 また、開催前日に発表するに至ったことについて工藤EPは「『爆女王トーナメント』を楽しみにしていただいていた皆さまには心よりおわび申し上げるとともに、今後の開催にご注目いただきたいと思います」と謝罪した。

 なお爆女王トーナメントは延期になったものの、26日の高岡大会は予定通り開催される。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!