• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > 女子プロレス > 【5★STAR GP】美闘陽子 運を味方に22日優勝戦進出

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【5★STAR GP】美闘陽子 運を味方に22日優勝戦進出


レイ(下)を片エビ固めで締め上げる美闘

 女子プロレス「スターダム」の元祖美女戦士・美闘陽子(29)が11日、恩返しのVを誓った。

 

 スターダム版G1「5★STAR GP」は11日の東京・新木場大会で最終公式戦が行われ、ブルースターズブロックで波乱が起きた。優勝候補のSWA世界王者トニー・ストーム(20=ニュージーランド)と岩谷麻優(23)戦は両者KOに終わり、お互いに得点8で全日程を終了した。

 

 これで“漁夫の利”を得たのが美闘だ。英国美女のケイ・リー・レイ(24)をドールB(回転式2段蹴り)で沈め、得点9で優勝決定戦(22日、後楽園)進出を決めた。

 

「やったあ! メッチャ苦しかったけど、私が勝ったんだあ!」と喜びを爆発させた美闘。今回のリーグ戦には秘めたる思いがあった。初開催となった2012年大会は出場選手にエントリーされるも、負傷により辞退。そのまま現役を引退した。

 

「あの時、私の代わりに出たホウちゃん(宝城カイリ)が『白星配給係』と呼ばれてしまい、申し訳ない気持ちがあった。今回はホウちゃんがケガで出られないぶん、優勝しなきゃと思う」

 

 宝城は脳振とうの影響で今大会を途中離脱。無念の欠場となった盟友のためにも、6月の現役復帰から初めて手にしたチャンスを逃すわけにはいかなかった。

 

 美闘はシングル初の勲章を手にして、悲願のワールド王座挑戦へ向かうつもりだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!