• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > 女子プロレス > 【スターダム】4年ぶり復帰・美闘 宝城に敗戦も大コールに感激

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【スターダム】4年ぶり復帰・美闘 宝城に敗戦も大コールに感激


宝城カイリ(右)と抱き合う美闘陽子

 16日の女子プロレス「スターダム」東京・後楽園ホール大会で旗揚げメンバーの一人、美闘陽子(びとう・ようこ=29)が約4年ぶりに現役復帰した。

 

 新調した青と白をベースにしたコスチュームで登場すると、まずは観客席に向けて一礼。大歓声に迎えられた美闘は、かつて同じユニット「全力女子」に所属した後輩・宝城カイリ(27)との一騎打ちで、持ち味を存分に発揮した。

 

 極真空手仕込みの重い蹴りをブチ込み、宝城を場外エスケープさせる。さらに10分過ぎには必殺の「ドールB」(回転式二段蹴り)を発射。決定打は与えられなかったが、何度も追い込む場面を作った。

 

 だが、4年間のブランクは大きく、次第に成長著しい宝城に押し込まれる。最後は13分51秒、ダイビングエルボー2連発でついに力尽きた。

 

 それでも会場には「美闘コール」が沸き起こり、宝城から「お帰りなさい」と声をかけられると、美闘は目を潤ませて「皆さん、ただいま すごいプロレスが好きなんだと分かりました。これからもスターダムの一員としてよろしくお願いします」と頭を下げた。

 

 旗揚げ戦(2011年1月23日、東京・新木場)では世志琥(22=現シードリング)とメーンを務め、実力と美貌を兼ね備えた

「将来のエース候補」として期待された美闘は、愛川ゆず季(33)とのタッグ「BY砲」では初代ゴッデス・オブ・スターダム王座を獲得したが、頸椎ヘルニアにより12年8月から欠場。同年10月31日付で現役引退したことが発表された。

 

 だが昨年からリングへの思いがよみがえり、4月29日後楽園大会で現役復帰を表明した。

 

「緊張で動けない部分があったけど70~80%は出せたかな。今後はシングル? タッグ? やるからには全部に対抗できる選手になりたい」と表情を引き締め、早くも次なる戦いに目を向けた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!