• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > 女子プロレス > 【スターダム】宝城カイリ「ワンダー・オブ・スターダム王座」4度目挑戦で初戴冠

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【スターダム】宝城カイリ「ワンダー・オブ・スターダム王座」4度目挑戦で初戴冠


腕ひしぎ逆十字固めでギャレットを攻める宝城カイリ

 15日の女子プロレス「スターダム」東京・後楽園ホール大会で行われたワンダー・オブ・スターダム選手権は、挑戦者の宝城カイリ(27)が王者のサンタナ・ギャレット(27)を撃破。同王座初戴冠に成功した。

 最後のチャンスだった。デビュー1年後の2013年に当時の王者で師匠でもある愛川ゆず季に挑戦してから、これが4度目の挑戦だった。2月21日の後楽園大会でもギャレットに挑戦したばかりだったが、あきらめきれずに連続挑戦にこぎつけた。

 序盤から気合十分の宝城は、得意のチョップで前に出るが、これまで9度の防衛を続けている王者の壁は高かった。ギャレットのトペスイシーダで大ダメージを負うと、さらに鉄柱に投げつけられた際に右腕を痛打。そこから徹底的な右腕攻めに苦しんだ。

 今回もダメか――誰もがそう思った13分過ぎだった。カウンターの裏拳が命中すると、すかさず2発目を叩き込む。痛めた右腕でエルボーを腹部に入れると、最後は必殺のダイビングエルボーを成功させて勝利を奪った。

 場内に響く「カイリコール」に包まれた新王者は「遠かった。デビュー前から憧れのベルトで、これだけ苦労して巻いたからどんなことがあっても離しません。赤いベルト(ワールド・オブ・スターダム王座)以上の価値にします」と誓った。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】脇本雄太がまくってGⅡ初優勝!
世界レベルのスピードを発揮した脇本雄太がGⅡ初優勝を飾った。

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!