• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > 女子プロレス > “凄惨マッチ”の安川惡斗が引退 12・23ラストマッチ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“凄惨マッチ”の安川惡斗が引退 12・23ラストマッチ


引退を決めた安川惡斗

 人気女子プロレス団体「スターダム」の安川惡斗(あくと=29)が23日の東京・後楽園ホール大会で現役を引退することが30日、本紙の取材で明らかになった。“凄惨マッチ”として世間を騒がせた世IV虎(よしこ=22)との一戦(2月22日、後楽園)で負った目の負傷が原因で、1日に会見を行い正式に引退を発表する。これで6月に引退した世IV虎に続き“凄惨マッチ”の当事者2人がリングを去ることになった。

 ――ここ数か月で引退を示唆する発言があった

 安川:12月23日の後楽園大会で正式に引退します。私は引退するためにリングに戻ってきたようなもの。(9月23日の後楽園大会で)復帰する前にドクターストップがかかっていて、復帰もできないままフェードアウトかな?と思ったこともあった。網膜しんとう症の方は回復しましたが、眼窩底を骨折した左目の視力が落ちてしまったんです。

 ――左目の窩底骨折と両目の網膜しんとう症は世IV虎戦で負った

 安川:もともと右目は白内障で見えず、昨年夏に人工レンズを入れた。少しだけ立体的に見えるようになったけど弱視なのは変わらなかった。ずっと左目に頼っていたんですが、その左目が折れてしまい、視力と距離感が残念ながらうまく戻りませんでした。

 ――試合に影響も

 安川:相手の技を受けることができない。もうバチバチとした対抗戦をしたり、シングルのベルトが取れるレベルの視力は持ち合わせていない。相手をケガさせてしまってから「目が見えませんでした」ってなったら大問題じゃないですか。引退することがスターダムへの一番の恩返しかなって思った。

 ――結果的にあの試合が引退につながった

 安川:結論からそうなってしまったのは仕方ない。本当に偶然と偶然が重なったので…。骨が折れてしまったこと自体は事故に等しいものでもありますし。ならば次はどうしたらいいかって気持ちを切り替えることができる人間なので、今は次のことを考えています。

 ――6月14日に世IV虎が引退。これで当事者2人がリングを去る

 安川:本音を言えば彼女にはリングに戻ってきてほしい。他人の人生に口は出さないつもりでいたいけど、プロレスを大好きだってことを知ってるし(22歳と)まだ若いから。私がいると帰ってきにくいのかなって思う部分もある。いつか「和解」とかあればいいんだろうなと思います。

 ――約4年の現役生活を振り返って

 安川:感無量ですよ。「水戸黄門」や「暴れん坊将軍」の時代劇を見て思った幼いころの夢「サムライになりたい!」をかなえられましたからね。あこがれの(愛川)ゆず季さんも倒したし、白いベルト(ワンダー・オブ・スターダム王座)も取った。自分のしたかった2つの目標も達成できた。応援してくれたファンにも「ありがとうございました」って伝えるのが、12月23日の大会だと思う。 

 ――引退後は

 安川:何かしらの形でスターダムを支えていきたい気持ちはあります!

☆やすかわ・あくと=本名・安川祐香。1986年11月13日生まれ。青森・三沢市出身。日本映画学校を卒業後、女優として活躍。舞台で出会った愛川ゆず季の影響でスターダムのプロテストを受け、2012年2月5日新木場大会のはるか悠梨戦でデビュー。今年2月22日の世IV虎戦で重傷を負い長期欠場。9月23日後楽園大会のタッグ戦で復帰。162センチ、57キロ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!