• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > 女子プロレス > 惡斗 7か月ぶり復帰戦は涙の勝利

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

惡斗 7か月ぶり復帰戦は涙の勝利


復帰戦を飾り涙にくれる安川

 私だけ見てろ! 世Ⅳ虎(22)との“凄惨マッチ”(2月22日、後楽園ホール)で重傷を負い欠場していたスターダムの安川惡斗(28)が23日、東京・後楽園ホール大会で復帰戦に臨んだ。

 

 安川は第3試合で木村響子(38)と組み加藤悠(26)、渡辺桃(15)組と対戦。先発を買って出ると、加藤をフロントネックロックのままブン回し、欠場中の肉体改造で培ったパワーを見せつける。その後もストレッチマフラー、惡トーン(スワントーンボム)など得意技を惜しげもなく披露。最後はACTスペシャル(変型アバランシュホールド)で渡辺から3カウントを奪い、自らの手で復帰戦を飾った。

 

 試合後は「リングに上がるまで『もう戻れないかも』とばかり思っていたから…」と涙にくれていた安川。しかし殊勝な態度もつかの間だった。メーンでハドソン・インヴィー(24)を撃破して、「5★STAR GP」戦初優勝を果たした宝城カイリ(27)から「戦いたい相手がいる。私の同期、安川惡斗出て来いや!」と指名されると、疾風のように再びリングインしたのだ。

 

「お前、私にシングルで勝ったことないよな?」といつもの惡斗節を復活させて宝城に詰め寄ると「OK! 勝ったほうが赤いベルトに行けるのか。楽しみに待ってろよ!」と10・11後楽園大会での一騎打ちにGOサインを出した。

 

 現在、団体の象徴であるワールド・オブ・スターダム王座は、女王・里村明衣子(35=センダイガールズ)に奪われたまま。安川は至宝奪還の座まで一気に駆け上るつもりだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で21日開幕!
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!