• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > 女子プロレス > 【長与千種 連載最終回】プロレス復帰し「新団体マーベラス」スタート


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【長与千種 連載最終回】プロレス復帰し「新団体マーベラス」スタート


長与千種 レジェンドの告白(最終回)

2015年、長与の新たな挑戦が始まる

 実はプロレスに戻るという考えは、会長(故松永高司氏=2009年7月死去)が亡くなった直後からあった。「もう一度横浜アリーナでやりたい」という遺言を託されていたからだ。

 何より響いたのは北斗晶の言葉だった。

 小さな星をつかむ人間はたくさんいるけど、リング上の大きな星をつかめる人間はひとりしかいない――生前、会長がよく言っていた言葉だ。実はそれが私を指していたことは、後に北斗が教えてくれた。4年ぐらい前からだろうか、その北斗が私の誕生日が近づくと必ずこう言うようになった。

「チコさん、大きな星を持っている人はひとりしかいないんだから、そろそろその星を出す時期なんじゃないですか。女子プロレスを何とかしてくださいよ」。その言葉はとてもとても重く私の胸に響いた。

 もうひとつ、私にはリングを用意しなければならない理由があった。一度は引退を決意したガイアからの盟友・KAORU(1986年全女でデビュー。94年ガイア設立と同時に長与に合流)が、3年を要して骨髄炎を克服。現役復帰することを決めていたからだ。そのために「That’s 女子プロレス」(今年3月22日に大田区総合体育館でスタートした長与プロデュース興行)を手掛けた。私自身約5年ぶりの復帰戦を行い、KAORUも約3年半ぶりに復帰した。父の遺言、会長の遺言、北斗の言葉、盟友の復活。そのすべてがひとつの大きな力となって、私の背中をポンと押した。

 そして来年、新団体マーベラスがスタートする。会長が亡くなった直後から少しずつ下準備はしていた。事務所、合宿所、道場、リング、舞台装置…ハードがすべてが完璧に揃った状態でなければ、再びプロレスに戻る意味はない。私はこの3年間で働けるだけ目一杯働いた。つぎ込んだポケットマネーは数千万円になる。心強い支援者もいた。社会一般でキチンと認知されるプロレス団体。マーベラスはまずそのスタート地点を目指した。

 選手は募集中です。旗揚げ戦までには20人は揃えたい。陸上や水泳などあらゆるスポーツへスカウト活動にも出るし、来年には米国とメキシコへ選手を発掘しに行こうと思う。私は3か月あれば選手を育てられる。でもガイアの時のような育成法はもうやらない。同じことをしたら私自身が飽きてしまう。

 ようやく選手兼任ではなく100%プロデューサーの立場で下からリングを見上げられるわけですから。あれこれ仕掛けようと思う。秋までに旗揚げ戦をやりたいけど、猪木さんのように、来年の大みそかもアリかなと(笑い)。

 今思えば、私たちの時代の全日本女子プロレスは驚異的な団体だった。だって年間最高310試合ですよ? それで毎回ゴールデンタイムで高視聴率を記録し、選手は何千万円の報酬をもらう。それは決して長くは続かなかったけれど、あの時代の夢をもう一度取り戻せたらと思う。マーベラスがどんな団体なのか、これから少しずつお披露目していくつもりです。

 私は会長のようにプロレスに殉じるんでしょうね(笑い)。でも生きているうちにせめてもう一度、年間300試合ぐらい全国各地の小さな町を回って女子プロレスを届けたい。そうなればプロレス人生冥利に尽きる。今、世間の皆さんに伝えたい。女子プロレスはまだまだ捨てたもんじゃない。お近くに行った時はぜひ足を運んでください。きっとその魅力にハマります。新団体マーベラスのこれからにご期待ください。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!