• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > 女子プロレス > 怪物・井上京子「女子17年8か月ぶり電流爆破マッチ」涙の劇勝

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

怪物・井上京子「女子17年8か月ぶり電流爆破マッチ」涙の劇勝


想像以上の爆風にさらされた京子(左)。右は堀田

 23日のディアナ川崎市体育館大会で、女子では17年8か月ぶりとなるノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチが行われ怪物・井上京子(45)が堀田祐美子(47)を撃破した。

 1997年4月29日に横浜アリーナで行われた邪道姫・工藤めぐみ(45)の引退試合以来封印されていた女子の電流爆破戦が、ついに実現した。立会人の工藤と、電流爆破戦の創始者・大仁田厚(57)が見守る中、運命のゴングが鳴らされた。

 まずは2分過ぎ、堀田が振り抜いたパイプイスを京子が間一髪でかわすと、これが有刺鉄線を直撃。激しい爆発音と火花が飛び散り、会場は騒然となり、泣きだす子供もいたほどだ。その1分後には、京子が最初の犠牲者に。堀田の裏拳が命中するとそのまま背中から被弾。コスチュームは黒く焼け焦げ、右肩付近に大ヤケドを負った。

 だが京子も負けじと堀田を爆破させると、京子、堀田の順に被弾。ハイライトは12分過ぎだ。2人でもつれたまま爆破すると、リング上には巨大な煙柱が上がった。両者KOの状態から何とか京子が覆いかぶさり、12分16秒の死闘を制した。

「いろんなことをこの試合で教えてもらった」と涙ながらに電流爆破戦の恐怖を語った京子。大仁田が「爆破の女王として第一歩を歩んだ」と最大級の賛辞を贈れば、来年から「超花火」シリーズのエグゼクティブプロデューサーを務める工藤は「これに刺激され、女子でも電流爆破が広がっていくんじゃないでしょうか」と期待を寄せた。

 関係者によると来年1月に新設の「爆破王」に続き、女子でも「爆破女王(仮称)」王座を設ける方針。当然、京子は初代女王の最有力候補となる。2000年2月にはFMWで故冬木弘道さんと組んでミスター雁之助、H(ハヤブサ)を撃破してWEWタッグ王座を獲得。女子では史上初めて男子王座に就く偉業を成し遂げている。14年の歳月を経て新たな勲章に王手をかけた格好だ。

 またこの日、1980人(満員)の観衆を集めた同体育館は27日に閉館して改修工事に入るため、これが最後のイベントとなる。女子プロレスで数々の伝説マッチを生んだ“聖地”58年の歴史にピリオドを打った京子は「女子プロ界を何とかしたい!」と絶叫。2015年は初代爆破女王の座へ突き進む覚悟だ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!