• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > 女子プロレス > 【スターダム】紫雷イオが退団を正式発表 世界最高峰リングへ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【スターダム】紫雷イオが退団を正式発表 世界最高峰リングへ


世界挑戦を表明した紫雷イオ

 女子プロレス界のエース・紫雷イオ(28)が29日、都内ホテルで会見し、本紙既報の通り、6月17日の東京・後楽園ホール大会を最後に所属の「スターダム」を退団し、世界の舞台に挑戦すると発表した。

 金屏風の前に黒のミニスカートに白いジャケット姿で登場すると「今後のプロレス生活のさらなる飛躍を目指して、スターダムを退団させていただくことになりました。突然の発表となり、残り数試合ですが、全ての試合に全身全霊をささげますので、最後まで見届けていただければ幸いです」と報告した。

 退団後の次なるステージについては「ここ数年で、紫雷イオが日本の女子プロレスでトップクラスだと言っていただいたり、世界クラスと言っていただく声があり、誇らしい気持ちでいっぱいなんですけど、それを別の道で証明というか、たくさんの人に見てもらえる場所に行きたいと思いました。18歳の時に漠然と世界のリングに立ってみたいと思った記憶がある」と説明した。

 具体的な移籍先は明言しなかったものの、世界最大のプロレス団体「WWE」であることは確実だ。また、会見に同席したスターダムのロッシー小川社長(61)は「これからは、この経験以上のことをもっと大きな舞台で、一足飛びに成し遂げてほしいなという気持ちでいます」と話した。

 日本ラストマッチとなる6・17後楽園大会では岩谷麻優(25)との名コンビ「サンダーロック」を1年7か月ぶりに復活させ、「大江戸隊」の花月(25)、葉月(20)組との対戦が決定。「サンダーロックは、私の中でクオリティーとして史上最高といえるタッグ。気持ち的にも麻優のことはかわいくて仕方ない。いいタッグだったので、最後は麻優だなって」。イオの希望によるカードが壮行試合で実現する。

 最後は「自分のプロレスに自信を持っている半面、飛び込んだことがない世界に挑戦しようとしているので、プレッシャーがないといったらウソになる。ただ、私を成長させてくれたスターダムが温かく送り出してくれるからには、裏切らない活躍をしなきゃなという意気込みだけは、死ぬほどあります」と誓い、穏やかな笑みを浮かべながら会見を締めくくった。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンはセネガルと引き分け1勝1分。次戦は28日にポーランドと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!