• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > 女子プロレス > 【スターダム】ワンダー王者の紫雷イオ ワールド王座奪還で2冠狙う

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【スターダム】ワンダー王者の紫雷イオ ワールド王座奪還で2冠狙う


決意表明した紫雷イオ

 鬼門の夏を乗り越えられるか――。女子プロレス「スターダム」のワンダー・オブ・スターダム王者、紫雷イオ(28)が15日、今夏の偉業達成を誓った。昨年、一昨年と2年連続で夏には欠場に追い込まれており、まさに試練の季節を迎える。しかし今年は違う。23日の東京・後楽園ホール大会で同王座の最多防衛記録を「11」に更新し、海外に流出している団体の至宝=ワールド王座の奪還に動く決意だ。

 5日の新木場大会で同王座最多防衛記録となる「V10」を達成したイオは、記録更新をかけて23日後楽園大会に臨む。相手は「シンデレラ・トーナメント」覇者で、自身が率いるユニット「クイーンズ・クエスト」の後輩でもある渡辺桃(18)。「会場が凍りつく試合をしてもいい。これがタイトル戦だという厳しさを先輩として見せたい」と冷酷な口調で話した。

 実績とキャリア、年齢で比較すれば、明らかに格下の挑戦者。それでも慢心はない。理由も明白で「2年連続で夏を棒に振りましたからね」と静かに振り返った。

 2016年7月24日大阪大会ではトニー・ストーム(22)に敗れてSWA世界王座から陥落。直後に尾骨手術のため欠場した。また昨年6月21日後楽園大会では、最多防衛記録を「V14」まで更新したワールド王座を岩谷麻優(25)に奪われ、その直後から、首の負傷により欠場を余儀なくされた。

 2年連続で夏に「引きこもり生活」を送ったためチャームポイントだった日焼けの跡も消え、肌は真っ白に戻ったが、今年は違う。「あの時はダメージの蓄積で体が悲鳴を上げていたけど、自分の体は二の次、三の次でほかの選手のことや興行のことを考えていた。そうじゃなきゃ成り立たなかったから。だけどここ1年は選手層と環境が整ったので、自分のコンディションづくりに集中できた」と確信している。

 だからこそ「まず白(ワンダー王座)をしっかり防衛して、この夏には赤(ワールド王座)に挑戦します」と表明。ストームが保持するワールド王座を奪還し、昨年の岩谷以来、史上2人目の同時戴冠を狙う。「私の時代が終わる気がしない。絶頂期ですからね。最高の夏にします」と表情を引き締めると、初夏の到来を告げる「V11」戦に向けて集中力を高めていた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!