【スターダム】イオも参戦? ロッシー小川社長がまさかの電流爆破ゴーサイン

2018年03月05日 16時30分

花月(左)から電流爆破戦を提案されたイオ(中)だが…

 女子プロレス「スターダム」で初の電流爆破デスマッチが開催されることが4日、確実となった。この日の東京・新木場大会で急浮上したもので、ロッシー小川社長(60)も開催にまさかのゴーサインを出した。しかも東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」で3年連続女子プロレス大賞を受賞している紫雷イオ(27)の爆破戦出場の可能性が高まっており、業界に大きなうねりが起こりそうだ。

 サプライズが起こったのは新木場大会のメインだった。「正規軍」(岩谷麻優、ジャングル叫女、中野たむ組)VS「大江戸隊」(花月、木村花、夏すみれ)の6人タッグ戦は、大江戸隊を強制離脱させられた経緯がある中野が果敢に敵軍に向かうも、最後は夏すみれの妖乱(変型DDT)に返り討ちにされた。

 試合後、夏すみれから4月1日の名古屋国際会議場大会での対戦を求められると、中野は電流爆破戦での対戦を要求。ここに花月まで加わり、イオ、中野組VS花月、夏組による爆破戦が浮上するに至った。たまらずイオも控室から急行したが、両軍の抗争には無関係であることをタテに「やるわけねえだろ! 私は身一つで上り詰めた。何で邪道なことをやらないといけないんだ!? 絶対にやらない!」と言い放ってリングを後にした。

 ただし“商売の鬼”こと小川社長の反応は意外だった。これまで他団体からのイオや岩谷への爆破戦参戦オファーを断ってきたが、この日は「人様のリングとウチではやる意義が違うからね。やるのは別に構わないですよ。ただ、さすがにイオがいないとビッグマッチにふさわしいカードにならないから。まず本人と話してみます」とイオが承諾すれば、爆破戦開催に踏み切る方針を明確にした。

 実は「2015年度プロレス大賞」授賞式で邪道・大仁田厚(60)から爆破戦を勧められた際にイオは「長いキャリアの中で一度はやってみたい気持ちがある」と話したことがあり、小川社長は可能性十分ありと踏んでいるのだ。実際にこの日の試合後、サイン会を終えたイオと小川社長が長時間、控室で話し込む場面もあった。

 女子の爆破戦線は、超花火プロレスが管轄する爆女王をシードリングの世志琥(24)が保持しているほか、前王者の長与千種(53)は新たな女子の爆破王座設立に向けて動いている状況。ここに業界の盟主・スターダムが参入すれば、三つどもえの争いとなる。一気に女子プロ界が熱くなってきた。