【スターダム】中野たむ「アイドル時代に追い求めた夢がレスラーになってかないました!」

2018年02月08日 16時30分

新曲をお披露目した中野たむ

【東京プロレス娘のスイーツトーク】アイドル時代に追い求めていた夢を、プロレスラーになってかなえることができました。アイドルとして活動していた時は、CDを一枚出すのも大変でした。やっとの思いでできたCDをメンバーで手売りするのですが、これがなかなか売れず「メジャーデビュー」という目標は夢のまた夢でした。

 ファンの方たちがどんなに頑張って応援してくれても、結果が出せない自分たちが悔しくて、申し訳なくてどうしようもなかった。でも昨年11月にスターダムに正式入団してからは景色がガラリと変わりました。日本各地での試合、ハイレベルなプロレス。忙しい毎日に、アイドル時代の夢を忘れ去っていました。

 そんなころ、スターダムから発売されるCDでメジャーデビューのお話をいただき、とても驚きました。3年間アイドルとしてもがき続け、諦めた夢だったのに、プロレスラーに転向して急にメジャーデビューです。人生って本当に面白い。

 ケガの治療による約4か月の欠場から1月21日後楽園ホール大会で復帰しました。しかもその日に新曲のお披露目となり、復帰戦にライブと、止まっていた時間が早送りで襲いかかってきた感じです(笑い)。プレッシャーも不安もすごかったけど、取り戻した夢をムダにしないように、全部力に変えていこうと自分に言い聞かせました。

 18日の後楽園大会では岩谷麻優選手とタッグでゴッデス王座に挑戦します。相手は強制脱退させられた大江戸隊(花月、木村花組)。こんな皮肉ってあります? でも、花月さんとは戦ってみたかった。こんなに早くかなうとは思わなかったし、誰もが早すぎると思うはずです。でもやるしかないですね。

 今は正規軍の一員として麻優さんと組ませていただき、新しいプロレスの引き出しがひとつ開きそうな感じがしています。ドキドキっていうのかな。いや、ワクワクに近い。楽しくてしょうがない感じ。何もできない私を拾ってくれた麻優さんの隣に、胸を張って立てる選手に早くなりたいです!