【スターダム】イオV6戦は同門対決 挑戦者・渡辺桃「私が未来を引っ張りたい」

2018年02月07日 18時44分

王者・紫雷イオ(左)と挑戦者・渡辺桃

 女子プロレス「スターダム」は7日、東京・後楽園ホール大会(18日開催)でワンダー・オブ・スターダム選手権の開催を発表し、王者の紫雷イオ(27)に渡辺桃(17)の挑戦が正式決定した。

 ともにユニット「クイーンズ・クエスト(QQ)」に所属する同門対決。都内で行われた調印式で渡辺は「プレッシャーもあるし、緊張もしているけど、このベルトを取らないと私はスターダムで輝けないと思う。高校も今年で卒業するし、今が一番頑張らないといけない。私がスターダムの未来を引っ張りたい」と力強く意気込みを語った。

 一方、これが6度目の防衛戦となるイオは「そろそろ世代交代を期待する雰囲気を感じる。私も同じQQのメンバーに期待しているけど、だからといって、この紫雷イオ様が負けるわけにはいきません。私は甘くないので、愛情を持って叩き潰します」と通告し、後輩との対戦を心待ちにした。

 このほか同大会ではワールド王座を保持するトニー・ストーム(22)が、センダイガールズの〝横綱〟こと里村明衣子(38)とノンタイトル戦で初の一騎打ちを行うことが決まった。