【スターダム】2冠王・岩谷麻優がリーグ戦「赤」単独首位キープ

2017年09月10日 17時07分

ザイヤ・ブルックサイド(左)にドロップキックを叩き込む岩谷麻優

 女子プロレス「スターダム」のシングル最強を決めるリーグ戦「5★STAR GP 2017」は10日の東京・新木場1stRING大会で公式戦7試合を行い、2冠王の岩谷麻優(24)が単独首位をキープした。

「レッドスターズ」公式戦で英国のザイヤ・ブルックサイド(17)と対戦すると、序盤から勝負をかけた。サッカーボールキックに顔面踏みつけ、さらには相手の顔面めがけてのドロップキックとえげつない攻撃で追い込むと、背中めがけてダイビングフットスタンプを命中させた。最後はフロッグスプラッシュを決め、まさに“横綱相撲”で勝利した。

 これで5勝1敗で勝ち点10。開幕戦ではバイパー(26)に敗れて黒星スタートしたが、そこから破竹の5連勝を飾った。「レッドスターズのトップだし、両ブロックの中で勝ち点が1位。素晴らしい! 素晴らしいですよ」と自画自賛した。

 残る花月(25)戦(18日、東京・後楽園ホール)に勝てば、2試合を残して勝ち点8で追うバイパーの結果次第で、同日の優勝決定戦進出が決まる。「このリーグ戦は優勝したことがなかった。自分が赤白チャンピオンとして初の優勝者になりたいと思います」と誓った女王が、偉業達成まであと一歩に迫った。