【スターダム】紫雷イオ 爆弾抱える首狙われリーグ戦初戦黒星

2017年08月19日 18時57分

レオ(左)を攻めるイオ

 女子プロレス「スターダム」のシングル最強を決めるリーグ戦「5★STAR GP 2017」開幕戦(19日、東京・新木場1stRING)で、エース復権を狙う紫雷イオ(27)は黒星スタートとなった。

「ブルースターズ」公式戦で米国から初来日のマンディ・レオン(25)と対戦し、序盤から試合の主導権を握った。相手の額にヒジをグリグリ押しつけて余裕の笑みを浮かべると、ダルマ式ジャーマンへとつなげて追い込んでいった。

 ところが勝負どころで放ったムーンサルトプレスがかわされてしまい、ここから相手ペースに。完治したばかりの首を狙われ、首吊り固めにつかってしまう。30秒以上耐え続けたが、最後は無念のタップ。試合後は悔しさのあまりコメントブースにも姿を現さなかった。

 6月21日の後楽園ホール大会ではワールド・オブ・スターダム王座のV15に失敗し、直後から頸椎椎間板ヘルニアで無期限の欠場に入った。それでも13日の後楽園大会でスピード復帰し、6人タッグのアーティスト王座を獲得して完全復活したかに見えたが…。

 20日の新木場大会ではSWA世界王者トニー・ストーム(21)との公式戦が控えており、今後も厳しい戦いを強いられそうだ。