【スターダム】新人・渋沢四季がデビュー戦完敗「強いレスラーになりたい」と号泣

2017年07月16日 18時12分

刀羅ナツコ(左)にドロップキックをする渋沢四季

 スターダムの新人・渋沢四季(27)が16日の後楽園ホール大会で、刀羅ナツコ(26)を相手にデビューした。

 2人とも昨年スターダムの門を叩いた〝同期〟だ。渋沢はドロップキック3連発をお見舞いするなど奮闘したが、先にデビューした刀羅のスイング式フロントバスターで叩きつけられ、3カウントを聞いた。

 試合後は「やっと(デビュー)できたというのもあるし、プロの洗礼を浴びたというのもある。とにかく強いレスラーになりたいです」と号泣しながら話した。