【スターダム】宝城カイリがワンダー王座V7

2017年03月27日 16時30分

宝城(右)はオリジナル技の「イカリ」で小波を撃退

 女子プロレス「スターダム」のワンダー・オブ・スターダム選手権(26日、東京・新木場1stRING)は王者の宝城カイリ(28)が小波(20)の挑戦を退け、7度目の防衛に成功した。

 

 薄氷の勝利だった。勢いに乗る挑戦者から蹴りと徹底した右腕攻めに遭い、苦痛にあえぐ宝城の叫び声が会場に響き渡った。それでもワンチャンスを逃さなかった。カウンターのスライディングDから背中にダイビングエルボーを決めると、すかさず足をクロスした変型逆エビ固め「イカリ」でギブアップを奪った。

 

「これでV7。師匠の愛川ゆず季さん(のV8)にあと1つで並ぶことができる」。5日名古屋大会ではタッグのゴッデス・オブ・スターダム王座を失い、20日後楽園大会ではワールド・オブ・スターダム王者の紫雷イオ(26)に挑戦して敗れたばかり。だが、これでようやく負の連鎖を断ち切った。次の防衛戦の舞台として、凱旋興行となる4月22日山口・光市民ホール大会を希望したビジュアル系戦士は「違う意味で赤いベルト(ワールド王座)の価値を超えてみせる」と誓い、早くも新たな戦いへと目を向けていた。