【スターダム】岩谷麻優が醜態 ポルトガル美人に失神KO

2016年07月11日 16時30分

岩谷(下)は外国人トリオに圧倒された。左からチェルシー、ストーム、シャナ

 2冠王の岩谷麻優(23)が、失神KOの醜態をさらした。

 

 女子プロレス「スターダム」の10日・東京・新木場大会で、紫雷イオとともに6人タッグ戦に出陣するもポルトガル美人のシャナ(34)から執拗につけ狙われた。中盤までスピーディーな攻防で互角に渡り合ったが、16分過ぎにまさかのシーンが訪れる。得意の投げっ放しドラゴンスープレックスを逆に決められて、戦闘不能に追い込まれたのだ。

 

 意識もうろうとしたまま自軍の敗戦を見せつけられると、シャナからハイスピード王座への挑戦を表明された。岩谷は「お前のドラゴンなんかこれっぽっちも効いてない。アイ・アム・ナンバーワン・ドラゴンスープレックスプレーヤーだ!」とかなり分かりやすい英語でアピールしたものの、女子プロレス界一の使い手としてのプライドは粉々に砕かれた。

 

 それでも「こんなんじゃダメ。次はドラゴンを食らう前にドラゴンを食らわせたい」と誓った岩谷。6・16後楽園でパートナーのイオとタッグ王座を失ったため、保持するベルトは2本。これ以上、勲章を奪われるわけにはいかない。24日の大阪大会で開催確実となったシャナとのV8戦は、完勝を決めるつもりだ。