【スターダム】ワールド王者・詩美が渡辺桃をBTボムで初防衛 舞華が次戦に名乗り

2020年12月21日 00時55分

BTボムを炸裂させた詩美(©スターダム)

 女子プロレス「スターダム」20日のエディオンアリーナ第一競技場大会で、ワールド王者の林下詩美(22)が渡辺桃(20)の挑戦を退け初防衛に成功した。

 団体史上初となった〝西の聖地〟でのビッグマッチのメインイベントは、「クイーンズ・クエスト」の同門王座戦。場外で桃のBドライバーを浴び窮地に陥ったが、王者の意地で3カウントは許さない。最後は11月仙台大会で団体のアイコン・岩谷麻優(27)からベルトを奪ったBTボムで24分を超える激闘に終止符を打った。

 次期挑戦者にはリーグ戦「5★STAR GP」公式戦で敗れている宿敵・舞華が名乗りをあげた。詩美もこれを受諾し、V2戦での激突が決定的。

「新しいスターダムの時代を引っ張っていくリーダーとして負けられないので。これからも私が最高のスターダムを作っていきます」と豪語し、2021年の更なる飛躍を誓っていた。