【スターダム】〝レジェンド〟ゆずポンが一夜限りの復活 世志琥と夢対決か

2020年12月12日 17時10分

母になっても相変わらずの美貌を保つゆずポン

 女子プロレス「スターダム」は12日に都内で会見を行い、10周年イヤーとなる2021年に開催する「スターダム10周年記念 ひな祭り ALLSTAR DREAM CINDERELLA」(3月3日、東京・日本武道館)で、同団体のレジェンド〝ゆずポン〟こと愛川ゆず季(37)が、一夜限りの復活を果たすことを発表した。

 コスチューム姿で登場した愛川は「初期のメンバーとは変わっていて、私のことを知らない人もいると思うが、少しでも力になれるように盛り上げたい」とアピールした。
 13年4月に引退以来の出場となり、現在は1児の母でもあることから「どこまでできるか分からないが、武道館で入場曲『爆乳戦隊パイレンジャー』を聴いて、みなさんに高まってもらえたら」と笑顔で意気込んだ。

 当日はスターダムの現役選手、OG、また同団体にゆかりのあるレジェンド選手が一堂に会して戦う「スターダム・オールスター・ランブル」に出場する。

 戦いたい相手に関しては、同じく初期メンバーの脇澤美穂、美闘陽子らとともに、自身の引退試合の相手を務めた現シードリング2冠王者・世志琥(27)の名を挙げ「私が未来を託した選手なので、スターダムのリングで見たい。実現できたらうれしい」と、夢対決への思いを語った