【スターダム】ジュリア11・15仙台でワンダー王座V3戦「牛タンのようにおいしそうな小波をしゃぶり尽くす」

2020年10月31日 23時15分

調印式に出席した(左から)ジュリア、ロッシー小川EP、小波

 11月15日の女子プロレス「スターダム」宮城・仙台サンプラザホール大会で行われるワンダー王座戦での激突が決まった、王者のジュリア(26)と小波(24)が静かに火花を散らした。

 31日に行われた調印式で小波は「ジュリア、ジュリア、ジュ~リア。あなたに指名されて、本当にうれしかった。大江戸隊に入って常々言ってますが、目の前にあるものを全て奪います」と予告した。

 同じ仙台で行われた9月6日のリーグ戦「5★STAR GP」では、ジュリアを必殺のトライアングルアームロックで下しており自信満々だ。「今回もトライアングルアームロックでジュリアをヒイヒイ言わせたいと思います。ジュリアのチャンピオンロードは仙台大会でジ・エンド!」と語気を強めた。

 一方、デビュー3周年となった29日後楽園大会のV2戦でひめか(23)を下し、自ら小波を指名したジュリアは「正直、(ユニット)TCSのころの小波は強いけど戦いたいと思ったことがなかった。でもね、自ら大江戸隊に入って自由にやってる小波はとっても魅力的だよ」とその理由を説明。

 さらに「トライアングルアームロック、前回はいい入りをされてタップしたけど、寝技は私も大好きなんで。牛タンのようにおいしそうな小波をタップリしゃぶり尽くして防衛するよ。アリベデルチ、またな!」と余裕の表情を浮かべた。