【スターダム】弱音連発のワールド王者・岩谷麻優に彩羽匠がチクリ「王者の言うことですか?」

2020年10月13日 15時44分

王者の岩谷麻優㊧と彩羽匠(ⓒスターダム)

 女子プロレス「スターダム」は13日、公式ユーチューブチャンネルで調印式を行い、18日東京・後楽園ホール大会のワールド・オブ・スターダム選手権で激突する王者・岩谷麻優(27)とマーベラス所属の挑戦者・彩羽匠(27)が火花を散らした。

 2月の一騎打ちで勝利している彩羽は「お客さんも前回と同じ試合は見たくないと思う。自分は本気の岩谷麻優を出せる選手になったと思うから、引き出した上で赤いベルトを取りにいきたい。レスラー人生で最初に目標としたベルトで一度も取れていない。いい波がきているから、ここで取りたいと思います」と決意を述べ、自信をみなぎらせた。

 一方、3日横浜大会の朱里(31)とのV4戦のダメージが残る岩谷は「しんどい戦いになると思う。2月は完敗と言っていいし、ズタボロになった。危険な試合になると思うので気をつけながら戦いたいと思います…」と弱気発言を連発。

 これを彩羽が「王者の言うことですか?」と指摘したところ、岩谷が「それ、ディスってます?」と応戦し、不穏な空気が流れる場面もあった。

 精神面で優位に立った彩羽は「自分がベルトを取った方が面白いんじゃないかと思う。自分がメインとかやったらいいところを持っていける」と豪語すれば、気を取り直した岩谷も「スターダムの興行のメインが彩羽になるのは阻止したい。誰にも渡すつもりはない」と応戦。注目の戦いになりそうだ。