【スターダム】岩谷 世志琥の挑発をバッサリ「レシピ本もバカにされて終わるだけ」

2020年09月29日 11時00分

岩谷(上)は朱里めがけて蝶のように舞った

 女子プロレス「スターダム」のワールド王者・岩谷麻優(27)が大一番で女王の貫禄を示す。朱里(31)とのV4戦(10月3日、横浜武道館)に向けて「一発で流れを変えてしまう蹴りは正直怖いけど、必ず勝ちます」と気迫をみなぎらせた。

 奮い立たせるのが「シードリング」の2冠王者に君臨する同期の世志琥(27)から「あいつは(女子プロを)世に広めたのか?」と批判されたことだ。業界の中心を狙う世志琥は、昨年度の東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」で女子プロ大賞を受賞した岩谷を強烈に意識する。

 これについて「確かに世志琥は(SNSでのお菓子作り動画で)世間に広めたかもしれないけど、プロレスラーとしての実績、活躍で私に勝てますか?(世志琥が発売した)レシピ本もバカにされて終わるだけじゃないの」とバッサリ。自身も8月に自伝本を出版したことから「お互い印税も入ることだし、たまには旅行でも行きましょう」と余裕を見せた。

 またリーグ戦「5★STAR GP」覇者の“ビッグダディの三女”林下詩美(22)と「マーベラス」の彩羽匠(27)からはワールド王座挑戦を表明されたが、狙われる立場を楽しむかのように「私がトップだって言い張るよりも、試合で周りから認知されたいので朱里戦を見てほしい。防衛できたらそのまま突っ走る」と予告した。

 28日の後楽園大会ではタッグ戦で朱里と前哨対決。原爆固め、ムーンサルトプレスで追い込んだが、30分時間切れ引き分けに終わった。

 「ドM心に火がついた。もっと蹴っていじめてください!」と豪語したアイコンが頂点の座を死守する。