【スターダム】ワンダー王座決定トーナメント開催へ ジュリア「全部まとめてかかってこい!」

2020年07月12日 16時47分

左から刀羅ナツコ、小波、中野たむ、ジュリア

 女子プロレス「スターダム」で、空位となっているワンダー王座の決定トーナメント開催が決定的となった。

 12日の新木場大会で〝お騒がせ女〟ことジュリア(26)と中野たむが6人タッグ戦で激突。5月に首と頭部の負傷で引退した前ワンダー王者・星輝ありさ(24)が返上したベルトを狙う2人は感情むき出しで激しくやりあった。しかし最後はジュリアが必殺のグロリアス・ドライバーでスターライト・キッドをマットに突き刺して勝利して「そろそろジュリアと、白いベルトをかけて後楽園ホールでやれよ」と、たむに対戦を要求。これにたむも「星輝ありさとの約束があるんだよ。あんただけには、絶対に渡さないからな!」と応じたため王者決定戦開催…かに思われた。

 しかしそこに刀羅ナツコ(29)が乱入し3WAYマッチでのタイトル戦を要求。さらに小波(23)まで現れたため、すったもんだの末に17、26日と行われる東京・後楽園ホール2大会で王座決定トーナメントの開催が濃厚になった。これにジュリアは「誰でも、何人でもいいよ。全部まとめてかかってこい! 白いベルトは、私が必ず頂く」と自信たっぷりだった。いよいよスターダム移籍後初のシングル王座を射程圏に収めたお騒がせ女は、このまま一気にベルト奪取を狙う。