【スターダム】木村花さん 自宅に遺書のような数枚のメモ「産んでくれてありがとう」

2020年05月26日 11時30分

亡くなった木村花さん

 女子プロレス「スターダム」に所属する木村花さん(享年22)の都内の自宅から、遺書のようなメモが見つかっていたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。自宅のドアに「有毒ガス発生中」と書かれた紙が張られていたことも判明。自殺の可能性があり、警視庁が亡くなった経緯を調べている。

 捜査関係者によると、花さんはマンションに1人暮らし。遺書のようなメモは数枚で、母親に宛てたものには「産んでくれてありがとう」などと感謝の気持ちが書かれていた。室内には有毒ガスを発生させたとみられる薬剤の容器もあり、花さんは頭にポリ袋をかぶった状態でベッドの上に倒れていた。