【スターダム】観客入れた興行再開 ジュリアがトーナメントV

2020年03月24日 22時28分

シンデレラ・トーナメントを制したジュリア

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で大会を自粛してきた女子プロレス「スターダム」が、24日の東京・後楽園ホール大会から観客を入れた興行を再開。「シンデレラ・トーナメント」が行われ“お騒がせ女”ことジュリア(26)が優勝した。

 1回戦でジャングル叫女(28)をステルス・バイパー(裏STF)で下すと、破竹の勢いで勝ち進んで優勝決定戦に進出。刀羅ナツコ(29)をステルス・バイパーで葬り、優勝者に送られる青いドレスに身を包むと「今日のこの優勝を、第2の母国でもあるイタリアの親戚や仲間にささげます」と目を閉じた。

 さらに「私は星輝ありさと一騎打ちがやりたい」。この日、首の負傷などで欠場した昨年の同トーナメント優勝者のワンダー王者に呼び掛けると「4月29日の大田区総合体育館で、お前のベルトに挑戦したい」とビッグマッチでのタイトル戦を要求した。