【スターダム】岩谷 Sareeeとの頂上対決で女王の貫禄を見せる

2020年01月30日 16時35分

岩谷はSareeeのパネルを見つめて闘志

 ベルト流出を阻止する。女子プロレス「スターダム」のワールド王者・岩谷麻優(26)が、V3戦(2月8日、東京・後楽園ホール)に向けて集中力を高めている。

 迎え撃つ相手は「ディアナ」のエース、Sareee(23)だ。昨年12月にはタッグマッチで初対決し、ドローに終わった。さらにSareeeが賞取りを公言した東京スポーツ新聞社制定「2019年度プロレス大賞」女子プロレス大賞を岩谷が受賞した因縁もあり、11年デビューの同期にあたる2人のライバル心は高まっている。

 29日の会見は挑戦者が欠席。代わりに置かれたパネルを横目に岩谷は「相手がいなくてしゃべりづらいですけど、対戦を楽しみにしていたのでうれしく思います」と意気込みを語った。しかもSareeeは3月から活動拠点を海外に移すと発表し、米WWE挑戦が有力視されている。そのため「絶対に負けられない。(海外に)行く前に返上でもされたら、今まで積み重ねてきた赤いベルトの価値が一瞬で落ちてしまう」と気を引き締めた。

「お互い、女子プロ界を背負っていこうと思っている。今までで一番ハードな試合になる。自分は日本にいながら世界に名を届けたい」。女子プロ界の頂上対決として注目される一戦を制し、女王の貫禄を示す。