【スターダム】詩美 ビッグダディ直伝レシピで輝きを取り戻す

2019年12月16日 16時30分

詩美は渾身の力でマルティナ(上)をぶん投げた

 女子プロレス「スターダム」の林下詩美(21)が、父でタレントの“ビッグダディ”こと林下清志(54)直伝のダイエットメニューで巻き返しを図る。デビューした昨年はプロレス大賞新人賞を受賞するも、今年は受難の年だった。

 4月に左母指基節骨骨折、9月には右手小指の骨折でそれぞれ約2か月離脱。「9月に治療で手に針金を入れてから、抜くまで思うようにトレーニングもできなかったんです。体重も65キロから68キロまで増えてしまって…。その間に(後輩の)上谷沙弥たちはどんどん成長するし、ジュリア選手も話題になったし。自分だけ置いていかれている感覚でした」と振り返る。

 それでも11月15日に復帰して以降は意欲的に動き、6人タッグのアーティスト王座を奪取。さらなる飛躍を目指し、64キロを目標に減量に取り組む。そこで活用しているのが、父から教わったレシピだ。「筋肉はそのまま、脂肪だけ落とすためのメニューがあるんです。豆腐に、マグロとかオクラとかその時に安い食材をのせるんですよ。魚とネバネバ系を中心に」と明かす。

 全ては次の目標に向けてのもの。来年4月29日東京・大田区総合体育館大会でのタイトル戦を目指すとした上で「せっかくですし、意味のない試合にならないように頑張ります。あとは女子プロレス大賞。今年は岩谷(麻優)さんでしたけど、いつか私も必ず取りたいです」。15日の新木場大会では、極悪軍団「大江戸隊」との8人タッグ戦で“セッション・モス”マルティナを原爆固めで沈めた。苦しんだ1年を乗り越え、再び輝きを取り戻すことができるか。

【関連記事】