【スターダム】星輝ありさ 花月とのV6戦へ超前向き

2019年10月02日 16時30分

笑顔の星輝(左)と静かに闘志を燃やす花月

 女子プロレス「スターダム」のワンダー王者・星輝ありさ(23)は14日の後楽園大会で、極悪軍団「大江戸隊」を率いる花月(27)とのV6戦が決まった。

 9月22日の「5★STAR GP」公式戦では、時間切れ引き分け。その“延長戦”となるが「超」のつくほどポジティブな王者は「2か月連続、後楽園で同じカードでできるっていうのはなかなかないと思うんです。それだけ期待されているということだと思います」とらしいコメント。タイトル戦になったことについても「引き分けてすぐ『もっと戦いたい』と思っていたから、私が一番大事なものをかけるのは当然」と終始笑顔だった。

 対照的に花月は「白いベルトは最近、キラキラしすぎている。そろそろ黒い人間が巻いたほうがいい」と静かに闘志を燃やした。