【スターダム】星輝 V戦線に踏みとどまる

2019年09月09日 16時30分

星輝の右ハイキックが宮城(左)にズバリ

 女子プロレス「スターダム」のシングルリーグ戦「5★STAR GP」は中盤戦に突入し、「ブルースターズ」ブロックでは、ワンダー王者の星輝ありさ(23)がアンドラス宮城(26)を下し、優勝戦線に踏みとどまった。

 ここまで2勝3敗と後がない王者は左右のキック、ヒザ蹴りで試合を優位に運ぶと、最後は1399(コーナーポスト最上段からの飛び蹴り)で勝利。試合後は「新木場の方々、お元気ですか。私はちょっと元気です。あと1回負けたらやばいんですよ。ここからは止まることなくガンガンいきたいと思いますので見ていてください」とアピールした。

 これで星取りを五分に戻し、同ブロックは星輝の他に7人が勝ち点6で首位に並ぶ大混戦だ。残り試合数は星輝が2試合のため不利な状況に変わりはないが「決勝に行って、優勝します」と言葉に力を込めた。