【スターダム】岩谷がアーティスト王座陥落

2019年05月17日 16時30分

小波(右)に左ヒザを攻められ悲鳴を上げる岩谷

 女子プロレス「スターダム」16日の東京・後楽園ホール大会で行われた6人タッグのアーティスト王座戦に強行出場した“スターダムのアイコン”岩谷麻優(26)は、王座から陥落した。

 鹿島沙希(26)、中野たむとの王者組として、V5戦では木村花(21)、ジャングル叫女(28)、小波(22)組と対戦。負傷している左ヒザの治療に専念するため欠場中だった岩谷は、1試合限定で復帰し、タイトル戦の舞台に立った。だが、容赦なく左ヒザへの集中攻撃を受け、機動力を封じられた王者組は厳しい戦いを強いられた。最後は鹿島が小波のトライアングルランサー(変型羽根折り固め)で敗れた。

 最多防衛記録の更新を果たせなかった岩谷は、試合後に「またこの3人で取りにいきたい。いや、そのチャンスをつくります!」と前を向いた。負傷を抱えながらも最後まで戦い抜いたことに手応えをつかんだ様子で「心も折れないで試合ができたのは自信になった。筋トレして練習したら、来月くらいには復帰できるんじゃないかな」と語り、早期の本格復帰を見据えた。