【スターダム】ジャングル叫女 「最高気温50度!セネガルの強烈な思い出」

2018年10月25日 16時30分

セネガルで体育教師をしていたジャングル叫女

【すっぴんトーク1本勝負!】スターダムの元気印、ジャングル叫女(きょうな)です!

 コラムでは久々の登場ですので、改めまして簡単に経歴をご説明したいと思います。愛知・名古屋市出身、スポーツ歴は小学生から始めた陸上競技を13年。大学時代にはハンマー投げでぐるぐるとインカレに出場しました。同時に中・高の体育教員免許を取得し、卒業後は青年海外協力隊員としてアフリカ最西端にあるセネガルで体育教師として過ごしました。

 今年はサッカーのロシアW杯1次リーグで日本代表が対戦したので、セネガルのことがたくさん紹介されてうれしく思います。私から見た印象をちょっとだけお話ししますね。3か月の日本での訓練期間で学んだフランス語は公用語のはずでしたが、赴任されたのは、ウォロフ語という部族の言葉しか聞こえない小さな町でした。

 最高気温は50度でライフラインは不安定。停電や断水はしょっちゅうで、飲み水は井戸の水をろ過して飲みます。ろ過せずに飲んだ井戸水で腸チフスという病気にかかり死にかけたこともありました。毎晩、ゴキブリに全身をはわれて不眠症になった時期があったり、野犬の群れに襲われたり…。毎日生きることに精一杯の日々を支えてくれたのは、セネガルでできた家族の存在でした。

 現地には「テランガ」と呼ばれるおもてなしの文化があり、町を歩いていると「こっちへ来て一緒にご飯食べなさい!」と招かれます。一つの大皿をみんなで囲ってご飯を食べれば、家族の一員です。ひとりぼっちの私を大きな愛で包み込んでくれました。

 時間にルーズで、約束を忘れたりすると『インシャーラ(神のみぞ知る)』とごまかすセネガル人に何度もイライラさせられましたが、助け合いの精神を持ち、見ず知らずの人にも無償の愛を注いでくれるのがセネガルという国でした。

 まだまだセネガルの話はたくさんあるので、スターダムの魅力と一緒に伝えていきたいと思います。お楽しみに~!!