スターダム王者のカイリ大丈夫?里村の余裕コメントに緊張

2015年06月04日 16時00分

里村とのリベンジ戦に意気込むカイリ

 スターダムは3日、14日の東京・後楽園ホール大会のカードを発表。メーンではワールド・オブ・スターダム王者の宝城カイリ(26)が、里村明衣子(35=センダイガールズ)とV2戦を行うことが正式決定した。

 

 先に挑戦表明を突き付けていた里村からは「最近強く思います。このまま宝城選手にベルトを保持させておいてもいいのか?」と貫禄たっぷりのコメントが寄せられてきた。大先輩との対戦を控え、やや緊張気味の宝城は「いつか(タイトル戦で)やりたいと思っていた。心技体のバランスが取れてこそ、対抗できる。どれか1つでも欠けると負けると思う」と表情を引き締めた。

 

 昨年12月10日の小橋建太プロデュース興行(後楽園)で初対戦した際は惨敗。今回はベルトをかけ、半年ぶりのリベンジ戦になる。また同大会では5月31日付での現役引退が発表された世Ⅳ虎(21)があいさつを行う。ファンからは引退を惜しむ声や団体を批判する声が届いており、選手会長でもある宝城は、風香GMとともに「ご心配をおかけして、申し訳ありません」と頭を下げた。