【ノア】12・2みのるVS中嶋 GHC王座戦決定!

2016年11月25日 16時30分

23日の後楽園大会で、中嶋(右)に全面対抗戦を要求したみのる

 ノアは24日、12月の東京2連戦(2日=後楽園ホール、3日=ディファ有明)のカードを発表。12・2後楽園で「グローバルリーグ戦」を初制覇した鈴木軍のボス・鈴木みのる(48)が、GHCヘビー級王者の中嶋勝彦(28)に挑戦することが正式決定した。

 

 みのるは「最終決着戦だ。負けたヤツがここから去れ!」と要求しており、事実上の“敗者追放マッチ”が認められた格好だ。同大会ではGHCジュニアヘビー級王者の小峠篤司(31)にタイチ(36)が挑戦する。

 

 また12・3有明ではKES(ランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミスJr.組)に奪われたGHCタッグ王座を奪還すべく潮﨑豪(34)、マイバッハ谷口(40)組が王者組に挑む。2日間で行われる3大タイトルマッチはいずれも「ノアVS鈴木軍」で、抗争はいよいよ最終章に突入した。

 

 就任早々、外敵の優勝とベルト流出を許してしまったノアの内田雅之会長(54)は「キッチリ白黒つけたほうがいいというのは我々も同意見。負けたら向こうの意向をくまなければいけないので、背水の陣で臨むべきこと」と強調し、選手に必勝を促していた。