【ノア】HAYATA 旗揚げ記念大会で近藤修司退けジュニアV4「ノアを世界に広げたる」

2022年08月05日 21時50分

難敵・近藤(右)を退けたHAYATA(東スポWeb)
難敵・近藤(右)を退けたHAYATA(東スポWeb)

 ノアの旗揚げ記念日となった5日の後楽園大会メインで行われたGHCジュニアヘビー級選手権は、王者・HAYATA(35)が近藤修司(44)を退け、4度目の防衛に成功した。

 2012年9月に同王座を戴冠した元王者であり、ジュニア屈指のパワーファイターである近藤を挑戦者に迎えた一戦は、苦しい展開が続いた。

 HAYATAはフェイントをかけてからのプランチャで先制したかに見えたが、直後に場外鉄柵に投げつけられて首を痛打。ここから執ような首攻めに遭った。

 それでも起死回生の場外へのヘデック(変型フェースバスター)で逆襲に転じるや、トラースキックを後頭部に浴びせてたたみかける。近藤のキングコングラリアートにクロス式403(変型フェースバスター)を合わせて阻止し、最後はヘデックで勝利を奪った。

 団体のメモリアル大会を締めくくったHAYATAは「ノアジュニアの王者として勝ち続けるのは俺や!」とマイクアピール。また、6日からの英国遠征に向け「向こうでクリス(リッジウェイ)とシングルがある。どうせやったら、これ(ベルト)をかけてやったる。ノアを世界に広げたる」。海外でV5戦を敢行すると予告した。

関連タグ: