【ノア】カシンがスタンド席からアリーナ席へ転落 大ダメージで3カウント

2021年11月13日 17時50分

ケンドー・カシン(東スポWeb)
ケンドー・カシン(東スポWeb)

 ノアの13日・横浜武道館大会で〝悪魔仮面〟ケンドー・カシンが数メートルの高さのスタンド席からアリーナ席へ転落する事態になった。

 この日、カシンは杉浦貴、桜庭和志と組んで因縁のキング・タニー率いる「ファンキーエクスプレス」と対戦。カシンとタニーはゴング前から口論して場外で乱闘するなどいきなりいざこざを巻き起こした。その後、一端試合は落ち着きを取り戻したが、それでも試合の権利の有無に関係なく互いに攻撃するなど不穏な空気が漂った。

 そして終盤、ついに直接対峙すると早速場外戦へ。そのまま2人はもつれながら階段を上りスタンド席へ向かう。そして、あってはならないことが起きてしまった。もみ合ううちにカシンがスタンドの端で宙づりになってしまったのだ。あわれカシンはそのまま下に転落。なんとかリングには戻ったものの大ダメージを負い、最後はタニーのファンキープレスのエジキとなり3カウントを聞いた。

 試合後、谷口は「昨日の会見で言った通り、これですこしはうっぷんを晴らせた」と笑顔。一方のカシンはノーコメントだった。2人の仁義なき戦いはこれでとりあえずの終結となるのか、それとも…。

関連タグ:
 

ピックアップ