【ノア】拳王が中村大介に妙な親近感を抱く「ダイスケに悪い人はいない」

2021年07月23日 06時00分

中村大介(左)を攻める拳王

 ノア、22日の東京・後楽園ホール大会で、金剛を率いる拳王(36)が、杉浦軍メンバーで元DEEPライト級王者の中村大介(41)を熱戦の末に完勝した。

 拳王は、久々のノア登場となる中村と序盤から緊張感のある戦いを展開。グラウンドの攻防では、QUINTETにも出場する中村からノースサウスチョークやネッククランクで攻められ〝あわや〟まで追い込まれる一幕もあった。

 だが、スタンドの状態で掌底や蹴りで攻め込み、ペースを取り戻すことに成功。PFS(ダイビング・フットスタンプ)をかわされそのままヒールホールドで捕まる場面もあったが、脱出すると高速の飛龍原爆固め、キック、PFSとつないで3カウントを奪った。

 試合後、拳王は「中村大介、中村大介、中村大介…」と相手の名を何度も連呼した上で「なんか呼ぶだけでも親近感がわいてくるな。いいんじゃないか? 中村大介。プロレスに対応した技を使えるようになったんじゃねえか?」と高い評価を下す。

 そして「ダイスケってやつに悪い奴はいないんだよ」と話した。このコメントの意味が分からない人は、「拳王 名前」あるいは「拳王 本名」でググってみよう!

 一方、久々の方舟マットで負けはしたものの爪あとを残した中村は「やっぱり(拳王は)強かったです。杉浦軍でまた勉強させていただきたいので、またぜひチャンスをください!」と、継続参戦をアピールした。

関連タグ: