【ノア】決裂した中嶋勝彦とマサ北宮は敗者髪切り金網マッチで決着へ

2021年06月01日 20時04分

中嶋勝彦とマサ北宮は会見のステージで乱闘

 お家騒動がとんでもない展開となった。ノアは1日、26日の無観客配信大会で中嶋勝彦(33)とマサ北宮(32)のシングルマッチを行うと発表した。

 無頼派集団「金剛」の同志として前夜の後楽園ホール大会では、GHCタッグ王座の初防衛に成功した2人。しかし、その試合で中嶋のハイキックが誤爆し、試合後に北宮が爆発した。勝ち名乗りを受けた後に中嶋を背後から襲撃し因縁が勃発した。

 この日、会見に出席した北宮は「10年前からこの野郎が大嫌いだった。ささいな誤爆かもしれないが許せねえんだよ。このシングルマッチに余計な介入はいらない。よって金網マッチを要求する」と試合形式を勝手に決めてしまった。

 一方、北宮の裏切りに憤慨する中嶋も「裏切った身分で何をルールまで決めて、要求までしてるんだよ。女々しいなあ。お前がしゃべるたびに小さく見える。お前、負けたら坊主にして初心に帰れ」と応戦。金網形式の敗者マッチで決着をつけることが決定的となった。

 その後の写真撮影では乱闘騒ぎを起こすなど確執の深さを露呈した両者。試合後に丸刈りとなるのは果たしてどちらか。

関連タグ: