【ノア】丸藤正道が新技「虎王・零」試し斬り 武藤戦へ「非常に効くと思う」

2021年05月02日 18時50分

仁王に虎王・零を決める丸藤

 2日のノア東京・後楽園ホール大会で「エムズアライアンス」の丸藤正道(41)、望月成晃(51)、宮本裕向(38)組と、「金剛」の中嶋勝彦(33)、マサ北宮(32)、仁王(39)組の6人タッグ戦が行われた。

 緊急事態宣言の発令にともない、急きょ無観客でのテレビマッチとなったが、両軍入り乱れての大乱戦となる。だが「サイバーファイトフェスティバル2021」(6月6日、さいたまスーパーアリーナ)で武藤敬司(58)の持つGHCヘビー級王座への挑戦が決まった丸藤が躍動。仁王に狙いを定めると、虎王から耳をつかんで放つ新技の「虎王・零」を決めて3カウントを奪った。

 快勝にバックステージでは「あの武藤敬司に挑戦するんだ。こんなところでつまずいていられない。俺と武藤さんのタイトルマッチ、変な雑音なしに思いっきりやり合いたいと思います」と充実の表情。

 虎王・零については「耳だから、持つところは。武藤さんにもできる技。見た目は地味かもしれないけど、非常に効くと思う」と手応えを感じている様子だった。

関連タグ: