【ノア】拳王が〝レジェンド〟狩りを宣言「PRIDEの時の桜庭和志に戻してやる」

2020年11月24日 14時47分

GHCナショナル王者の拳王

 ノアのGHCナショナル王者・拳王(35)が24日、次期挑戦者の桜庭和志(51)に痛烈なメッセージを送った。

 拳王は22日横浜武道館大会で清宮海斗(24)の挑戦を退けV2に成功。12月6日代々木大会では桜庭とのV3戦が決定している。この日の2夜明け会見では「実績、ネームバリュー、おいしい相手だ。アイツを超えてまたもう一つ、新しい色が出せるんじゃないか。また一つ、この赤いベルトの伝説を創ってやる」と豪語した。

 さらにこの日は「金剛興行 DIAMOND3」(12月26日、後楽園)の全カードも決定。メインでは拳王が新崎人生(53)と組み清宮海斗(24)、稲葉大樹(32)組と対戦する。師弟タッグ結成前にベルトを落とすわけにはいかない王者は「あんな居酒屋の悪ノリでプロレスのリングに上がってるヤツには(ベルトは)似合わないだろ」と桜庭及び杉浦軍をバッサリ。

「俺が桜庭和志に緊張感を取り戻してやりたいな。代々木のリングでは、全盛期の、PRIDEのリングに上がってたあの緊張感ある戦いをする桜庭和志に戻してやろうと考えてる」と挑戦者の〝覚醒〟をテーマに掲げた。