【ノア N―1】清宮が潮崎との激戦を制して優勝決定戦に進出

2020年10月05日 00時00分

潮崎(左)にドロップキックを放つ清宮

   ノア4日の東京・後楽園ホール大会で行われたシングルリーグ戦「N―1 VICTORY」Bブロック公式戦で、清宮海斗(24)がGHCヘビー級王者の潮﨑豪(3 8)に勝利。3勝1敗1分けの勝ち点7でリーグ戦を終え、優勝決定戦(11日、エディオンアリーナ大阪)進出を決めた。

 序盤、清宮は潮﨑の首に攻撃を集中。相手が逃れようとしてもしつこく絡みついて絞め上げ、ダメージを与えた。その後は一進一退の攻防で反撃に遭う場面もあったが、月面水爆狙いの王者をコーナー最上段で捕まえることに成功。そのまま雪崩式変型DDTで叩きつけて大ダメージを与えると、〝キック界の神童〟こと那須川天心(22)から指導されたバックスピンキックを叩き込んでからエメラルドフロウジョン、猛虎原爆固めとつないで3カウントを奪った。

 すると、勝利の喜びをかみしめる間もなく中嶋勝彦(32)が登場。直前の試合でBブロックからの勝ち上がりを決めていた中嶋は、大の字になった潮﨑をいちべつして「おいおいどうしたチャンピオン。なんなんだよ、このざまは。〝出戻りチャンピオン〟だからここまでだな」と吐き捨てると、清宮に「清宮海斗、お前のヒーローごっこは大阪で終わりだ」と宣戦布告を放った。

 これを受けた清宮は「中嶋、金剛に入って何がしたいのかわかんねえけど、軽々しく〝出戻り〟とか言ってんじゃねえ。俺の勢いは本物だ」と応戦。さらに観客に向かって「おれはこのリーグ戦、N―1 VICTORYをどこの団体にも負けない戦いにしたい! そのために、ノアのヘビー級の戦いがナンバーワンだと、必ず証明します」と叫び拍手を浴びた。優勝決定戦で中嶋を下し、再び自らの時代をつくることができるか。

 また、他に行われたAブロック公式戦は征矢学(35)が桜庭和志(51)に、マサ北宮(31)が望月成晃(50)に勝利。それぞれ勝ち点は征矢が4点、桜庭が4点、北宮が4点、望月が5点、潮﨑が6点でリーグ戦を終えた。