【ノア・N―1】拳王が昼夜連勝で単独トップ「史上初の連覇を果たすのはこの俺!」

2020年09月24日 00時37分

丸藤を締め落とした拳王

 ノア23日の東京・後楽園ホール大会は異例の昼夜興行で行われ、シングルリーグ戦「N―1 VICTORY」昨年大会覇者のGHCナショナル王者・拳王(35)が昼夜2連勝。勝ち点6で両ブロック単独トップに躍り出た。

 昼興行では「金剛」の稲村愛輝(27)と同門対決を行い、非情な掌底4連発で完全KOしてレフェリーストップ勝ち。夜は〝天才〟丸藤正道(40)を相手に強烈なミドルキック、アンクルホールドでペースをつかんでいく。

 終盤、丸藤の虎王(顔面への飛びヒザ蹴り)2連発でピンチに陥る場面もあったが、最後は3発目の虎王をかわして胴締めスリーパーホールドに捕らえると、丸藤の腕に力が入っていないと見たレフェリーが試合を止めた。

 2試合連続での完全勝利で頭一つ抜きんでた拳王は「勝ったぞ、オイ!俺の強い信念を見たか?丸藤を締め落としたぞ!次は杉浦(貴)、お前を締め落としてやる。N―1史上初の連覇を果たすのはこの俺、拳王だ」とほえ、意気揚々と立ち去った。