【ノア】V4成功の潮﨑が一夜明け会見 30日川崎大会でのGHC2冠へ闘志

2020年08月11日 19時54分

潮崎豪

 10日に行われたノア・横浜文化体育館大会でGHCナショナル王者・拳王(35)との60分フルタイムドローの末、4度目の防衛に成功したGHCヘビー級王者・潮﨑豪(38)が11日、都内の事務所で一夜明け会見に臨んだ。

 ノアにとって最後となる同体育館での大会メインで死闘を繰り広げた潮﨑は「『簡単にダブルタイトル戦をやるべきではない』との声も上がる中、ドローという結果になってしまったが、あの戦いができてよかった」と振り返った。

 ただ今後は「GHCヘビー、GHCナショナルそれぞれの戦いを繰り広げることがノアにとってはいいと思う」と話し、「2冠戦」という戦いに関してはしばらく封印する考えを示した。さらに「昨日の戦いを見た上でGHCタイトルに挑む選手が出てきてほしい」とノアマットの活性化を願った。

 30日のカルッツかわさき大会では中嶋勝彦(32)との「AXIZ」で、イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&レネ・デュプリ(36)がコロナ禍で来日が難しくなったため返上したGHCタッグ王者決定戦に臨む。相手は「杉浦軍」の杉浦貴(50)&桜庭和志(51)という難敵。ここ数日の連戦によるダメージも心配されるが「それがGHCチャンピオンとしての務めだし、どんな相手だろうと『AXIZ』の思いは変わらない」と力強く語った。